クラウドネイティブなHCI利用サービス
HCI as a Serviceといえば

Clara Cloud

導入・運用保守をもっと楽にカンタンに。
Nutanixを月額サブスクリプションで。

Clara Cloud とは?

HCI as a Service

高機能なHCI「Nutanix」を月額固定のサブスクリプションでご利用!
クラウドとオンプレミスのイイトコ取りサービス。

Clara Cloudは、次世代エンタープライズクラウドOS「Nutanix」を月額サブスクリプションでご利用いただくことができるサービスです。ハイパフォーマンスなHCIをシンプルに導入でき、ITインフラの導入・運用保守の工数を削減し、サービス提供やシステム運用に集中できます。

ハイパフォーマンス

Nutanixのデータローカリティを中心とした独自技術で高いIOPSを実現。

高い拡張性

ノード追加だけでスペック・リソース増強。クラウドライクな利用でビジネスの変化に即時対応可能。

初期費用0円・固定料金
月額サブスクリプション

月額のサブスクリプション方式でハード購入不要。従量課金で高額になりがちなアプリケーションの利用にもオススメ。

パブリッククラウドに比べ、
移行コストが低い

オンプレミスベースのため、既存オンプレサーバからの移行がスムーズに。環境要件も寛容。オンプレミスからのクラウド化に最適。

クラウド感覚で使える
オンプレ環境

クラウドの利用形態でオンプレミスの環境を利用可能。オンプレミスからのクラウド化・パブリッククラウドからのオンプレミス回帰を使い勝手そのままに実現。

ハイパフォーマンスでスケールアウトが容易な
Nutanixベースの仮想化基盤サービス、それがClara Cloud。

データロカリティ技術で高いIOPSを実現
単一障害ポイントがない
モデルや世代に関わらずリニアにスケールアウト
障害が発生しても自動修復できる
マルチハイパーバイザ対応

Nutanix(ニュータニックス)とは?

世界をリードするHCIのパイオニア

Clara Cloudのベースとなっているのは、世界をリードするNutanix社の提供するHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)です。GoogleやFacebookなどのビッグテックやクラウドベンダーで使われている「WebスケールIT」型のアーキテクチャによる分散システムによる高度に自動化された運用管理で、システムの規模拡張にも負荷を最小限に抑え、ハイパフォーマンスながらシンプルな運用を実現。その高い信頼性から日本国内はもとより、世界中で使われています。

世界で使われるHCI

16,580+のお客様

顧客契約更新率

97%

国内導入

約900社の導入実績

Clara Cloud なら

Nutnaixの利用に必要な要素が、オールインワン。

様々な情シス部門・ITインフラエンジニアのお悩み・課題を
Clara Cloudの導入によって解決することが可能です。

コンポーネント比較

HCI自社導入と比べてインフラ管理の手間・コストを圧倒的に削減しながら、
パブリッククラウド並みの快適さとオンプレ並みの環境自由度が手に入ります。

Clara Cloud なら

ITインフラの運用管理を、
よりシンプルに。

『Clara Cloud』では、Nutanixをサブスクリプションで提供しているだけでなく、ラックスペース、電源、ネットワークスイッチといった必要不可欠な物理環境に加え、バージョンアップや障害対応といった保守運用もサブスクリプションに含まれています。お客様は、パブリッククラウドと同様にハイパーバイザーより上のレイヤーだけを管理するだけで済みます。

FEATURE01
Clara Cloudなら
HCI&運用保守もお任せできる

Nutanixをベースとしたハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の提供となるため、サーバのみの構成で提供されるためそもそも障害点が少なく、またネットワーク・DCのファシリティを含めてすべてクララオンラインが提供・管理を行うため、そもそも運用管理の工数がかかりません。
サポート体制はもちろん、MSP(監視)サービス等も充実していますので障害の検知から報告、処理に至るまでお任せで完了します。

FEATURE02
Clara Cloudなら
ハードウェア管理不要&リニアな
スケールアウトを実現

ハードウェアのメンテナンスやリプレースはクララ側にて管理。また拡張性においても、HCIでは、新たな筐体を1つずつ追加していくことで、インフラ全体の性能を向上させることが可能です。また、追加した筐体内にある各リソースは、ソフトウェア的に統合されており、ユーザー側からは単一のリソースプールとして運用、管理を行えます。情報システム部門がHCIに注目する理由は、リソース拡張の「柔軟性」と高い「管理性」にあります。

FEATURE03
Clara Cloudなら
マルチクラウド/ハイブリッド
クラウドの構築管理もラクラク

クララオンラインがサービス提供する『CloudHealth by VMware』との併用でマルチクラウドのコスト・リソース管理も一元化。またオプションの『クラウド接続サービス』を使うことで、世界中のデータセンタ・パブリッククラウドとClara Cloudとの接続を通じてデータのやり取りをシームレスに行うことが可能です。

Clara Cloud なら

オプション機能・サポートも充実。

ベーシックな運用監視などのメニューはもちろん、移行や、ハイブリッドクラウド化など、
お客様のご要望に合わせた柔軟なオプションメニューをご用意しております。

クラウド接続サービス

Cloud Connect

AWSやAzureなどとのパブリッククラウドとClara Cloudデータセンタとの閉域網を、お客様に「共用型回線」としてご提供します。お客様側で個別の回線手配や機器設置をすることなく、オンプレミスと同様のハイブリッドクラウド環境を実現します。

クラウド型WAFソリューション

攻撃遮断くん

クラウド型のWAF(Web Application Firewall)製品「攻撃遮断くん」によって、WebサイトやWebサーバへの攻撃を遮断し、情報漏えい、Web改ざん、サーバダウンを狙った攻撃などの脅威から、企業とユーザーを守ります。

外部バックアップでBCP対策

イメージバックアップ

OS単位で外部サーバにイメージバックアップを取得するサービスです。標準機能に付与されているデータ保護機能とは別に、物理的に分離された外部サーバへのイメージバックアップを行います。東京データセンターでのバックアップのほか、BCP対策に有効な遠隔地バックアップ(北海道)サービスもご提供しています。

20年以上のITインフラ運用実績

サポートサービス

1,000台規模のサーバをNutanixに移行した実績を持つ当社がインフラの移行計画・提案・実行までをトータルサポートする『移行サポート』、24時間365日、お客様の代わりにサーバの監視や復旧対応を行う『MSPサービス』など、導入時・運用後も安心のサポート体制を整えております。

Clara Cloudは、ITインフラの煩雑な保守管理作業から
情シス/IT部門を開放し、DX推進と企業の生産性向上を
支える「次世代型クラウド基盤」です。

様々な運用保守管理の効率化・工数削減はもちろん、ハイブリッドクラウドにおける一元管理やリソースの有効活用、インフラ拡張もラクラクに。

情シス部門のITインフラ管理にかける工数が劇的に減ることで、業務効率化に割ける時間が増え、企業全体の生産性向上も期待できます。

Clara Cloudを利用している
お客様の声

情シスの運用負荷を大幅軽減&パフォーマンスアップしながらコスト削減。兼任7名⇒専任2名でインフラ運用可能に。

日本電産企画株式会社
システム1部 部長 山本高広様

“うちは4年で減価償却でコスト試算をしているが、社内オンプレサーバのリプレイスより、Clara Cloud導入の方がコストメリットが出ています。Nutanixは高価格であると認識していたが、初期移行費用を含めたトータルコストで比較した際にデータセンタでの運用保守も委託してなおClara Cloudでコストメリットが出たことに、正直驚きを隠せませんでした。”

“Clara Cloud側とSE同士の技術的なコミュニケーションがスムーズに行えたおかげで、自社で検討中だった構成より良いネットワーク構成が実現できました。導入後の運用負荷軽減はもちろん、想定以上の満足度を得ることが出来ています。”

“ハードを持たないといった選択も、踏み切って良かったです。障害件数自体も大幅に減り、オンプレサーバの保守運用に割いていたシステム部のリソースを削減することに成功したおかげで、以前7名で回していたシステム部担当者が今ではフルコミットのシステム部2名で対応出来ています。”

複雑なサーバリソースの追加縮退をシンプルに実現。可用性もアップ!

ライフサイエンスコンピューティング株式会社
執行役員 営業本部サポート部部長 船木隆行様
取締役副社長・開発本部事業部長 谷川正臣様

“電子カルテサービスのクラウド化による利用者増加に伴い、サーバリソースの追加/拡張を繰り返してきたことにより、機器の世代ごとの違い(パフォーマンスやコンパチビリティ)や混在による複雑化などが課題だった当社において、Clara Cloudは現時点でのベストな選択であるとともに、サービスが成長を続ける「これから」においても最適なサービス基盤でした。”

“従来のサービス基盤からシステムパフォーマンスが大きく改善し操作性が向上しています。”

“また、キャパシティの追加縮退だけでなく、セキュリティ対応や機能性を最新に保つための基盤ソフトウェアのアップデートも無停止で実行でき、サービスの可用性が向上しました。”

開発・運用を効率化。顧客サービスへの付加価値も向上!

JIPテクノサイエンス株式会社
インフラソリューション事業部 東京技術営業部
技術科 テクニカルマネージャ 枡見周彦氏

“これまではサーバを1つ新設しようとすると、サイジング・予算確保用の資料作り・エンドクライアントへの提案及び説明・予算取り・サーバ購入手配などの対応が必要でした。しかしClara Cloudを導入すれば、同クライアントの新しいシステム開発要件も、Clara Cloud上のリソースを活用できるので、新規物理サーバの都度購入が不要となりました。”

“また、これまでは少なくとも1年はメモリもディスク容量も不足しないよう設計する必要があり、サイジングの際にサーバスペックを過剰に割り当てるしかなかったのですが、NutanixベースのClara Cloudであれば仮想マシンへ割り当てる各リソースの増強が容易なので、オーバーサイジングの必要がなく、サイジングにかかる工数も大幅に減少させることができました。”

“IaaSを使っているような感覚で利用でき、かつ我々で手を出さない方がいい箇所がはっきり分かれているので安心して使うことができ、また、その分開発にフォーカスすることが出来るようになりました。”

FAQ

よくあるご質問

VMware環境から移行はできますか?

はい、可能です。既存のVMware環境からClara Cloud環境に移行できます。Clara Cloud環境に移行することでサーバ、NW、SANなどの運用作業を軽減することが可能です。

複数クラスターを一括で管理できますか?

はい、可能です。AHV、ESXiなどのマルチハイパーバイザのご利用でも、Prism Centralから複数クラスターを一元的に管理できます。

VMware ESXiを選択しているユーザーによる仮想マシンの管理は、vCenterとPrismのどちらで行えますか?

この場合、仮想マシンの操作はvCenterからでもPrismからでも可能です。

管理コンソール「Prism」は日本語にも対応していますか?

はい、日本語に対応しています。

ハイパーバイザーのライセンス費用は月額に含まれていますか?

AHVをご利用の場合、Clara Cloud価格に含まれています。VMware ESXi をご利用の場合、Clara Cloud価格には含まれていない為別途ライセンス費用が掛かります。

Clara Cloudの機能だけで、バックアップを行うことはできますか?

はい、可能です。仮想マシン毎、またはボリューム毎にスナップショットが可能です。また、外部バックアップオプションもご用意しています。

標準サポートには何が含まれていますか?

障害対応・セキュリティ対策・再起動・アクセス許可アドレスの設定やPrismの利用方法のご説明が含まれています。詳しくはプラン・スペックをご覧ください。

詳細な資料のご請求はこちら

Clara Cloud
サービス紹介資料

Clara Cloud Nutanixの月額利用(サービス概要資料)

Clara Cloud
導入事例ダウンロード

Clara Cloud導入事例(NDK様)

さあ、IT部門から変わろう。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

専門スタッフがさらに詳しく機能やサービスについてご説明いたします。